Chaako.net AIをより身近に
2023-06-20 20:09:40
1552

ChatGPTに会話を記憶させるには?記憶力の仕組みと容量から会話を忘れるときの対策とポイント・コツを徹底解説

ChatGPTの「記憶」能力を最大限に引き出すための戦略とテクニックについて解説。AIとの対話をより効果的にかつ効率的に行うためのガイドです。
 
Visit Us
この記事の目次
  • ChatGPTの「記憶」の仕組みとなぜ忘れるのか?
    • なぜChatGPTは「会話を覚えている」ように見えるのか?
    • 1.2 「記憶」の限界と面白い海外の実験
  • ChatGPTの「記憶」を最大限に活用するためのポイントとコツ
    • どうやってチャットを効率的に保つか?Promptの簡潔化のコツ
      • 自分の発言はできるだけシンプルに保つ
      • ChatGPTに対する要求も具体的で簡潔にすること
      • ChatGPTが発言をする際にも同様の簡潔化を促す
    • 無駄なロール設定はしない?その理由とは
    • 重要な情報は繰り返す:効果的な記憶させ方
    • 会話をまとめてみよう:ChatGPTに要約させるメリット
      • 番外編:どのタイミングでまとめてもらったほうが良い?
    • Promptの共通部分を復唱:ChatGPTの記憶を活性化させる方法
    • PlugInとPDFの組み合わせ技:PDFを介した「記憶」拡張
    • Embedding:次元削減による「記憶」の強化
      • Embeddingのメリット:大量の情報を効率的に「記憶」
    • Embeddingの応用:情報の関連性を活用
    • Embeddingと「記憶」の関係:質疑応答の改善
      • Embeddingの制限:注意点と解決策
  • まとめ:ChatGPTの「記憶」を最大限に活用するための戦略とテクニック
  • ChatGPTの記憶に関するFAQ
  • 併せて読みたい!ChatGPTの記憶についての関連記事

ChatGPTに会話を記憶させるには?記憶力の仕組みと容量から会話を忘れるときの対策とポイント・コツを徹底解説

AIとの対話がますます一般的になってきましたが、その中でも特に人気があるのがOpenAIのChatGPTです。

しかし、ChatGPTを使用する上で、その「記憶」の仕組みと限界を理解することが非常に重要である一方で、多くのユーザーがこれを見落としています。

また、その「記憶」をどう活用すべきかについては、多くのユーザーは具体的な方法がわからないという問題もあります。

この記事では、

  • AIエンジニア
  • データサイエンティスト
  • プロンプトエンジニア
  • ChatGPTのエンドユーザー

向けに、

  • ChatGPTの「記憶」の仕組み、
  • ChatGPTの「記憶」の仕組みの活用法、
  • 効果的な対話を引き出すためのテクニック

を解説します。

この記事を読むことで、ChatGPTの「記憶」の仕組みを深く理解し、その限界を認識することができます。

さらに、「記憶」を最大限に活用するための具体的な戦略とテクニックを学び、それを実際の対話に適用する方法も掴めます。

これにより、あなたのAIとの対話をより有意義で生産的なものにすることが可能となります。

ChatGPTの「記憶」の仕組みとなぜ忘れるのか?

ChatGPTの驚くべき特性の一つは、同じチャットセッション内であれば、それまでの会話の内容を「記憶」しているように見えることです。

例えば、あなたがChatGPTに「天気はどうですか?」と尋ね、その後に「傘は必要ですか?」と質問した場合、ChatGPTは最初の質問の文脈を利用して、傘の必要性に関する答えを提供します。

しかし、時折ChatGPTが以前の会話を「忘れた」かのように振る舞う場合があります。

これはなぜでしょうか?

その謎を解くためには、

まずChatGPTの「記憶」の仕組みを理解する必要があります。

なぜChatGPTは「会話を覚えている」ように見えるのか?

チャットボットの動作を理解する基本的な視点として、「入力」と「出力」を考えると良いでしょう。

ユーザーの発言が「入力」で、それに対するボットの返答が「出力」となります。

まず、一般的なチャットボットの動作を考えてみましょう。

例えば、次のようなやり取りがあったとします。

User:メニューを教えてください。

BOT:ビーフシチューとカレーライスをご用意しております。

ここで一旦会話が完結したとしましょう。

しかし、その後にユーザーが「どれがおすすめ?」と尋ねた場合、一般的なチャットボットは「おすすめの何について聞いていますか?」といった返答しかできません。

なぜなら、これまでのメニューについてのやり取りは「記憶」されていないからです。

それに対して、ChatGPTの場合は異なります。ユーザーが「どれがおすすめ?」と尋ねても、

ChatGPT:選ぶのは好みによります。ビーフシチューは濃厚な牛肉の旨味と野菜の甘みが調和した一品です。カレーライスはスパイスの効いた香り高いルーとほどよい辛さが特徴です。

と、適切な回答をします。

実は、これはChatGPTがこれまでの会話全体を一つの「入力」として扱っているからです。

ユーザーが「どれがおすすめ?」と尋ねた時に、ChatGPTにとっての「入力」は次のようになります:

User:メニューを教えてください。ChatGPT:ビーフシチューとカレーライスをご用意しております。User:どれがおすすめ?

これまでの会話を全て「入力」に組み込むことで、ChatGPTの「出力」はそれを考慮したものとなります。

その結果、まるでChatGPTが会話を「記憶」しているかのように見えるのです。

1.2 「記憶」の限界と面白い海外の実験

ChatGPTの記憶力は、一見すると、驚くほど人間のそれに近いように思えるかもしれません。

しかし、それには一定の制約が存在します。これは、ある種の「記憶の限界」です。

具体的には、ChatGPTはある特定の長さまでのテキストしか一度に処理できないのです。

これはまるで、人間が一度に覚えることのできる数字の数が限られているようなものです。

私たちが電話番号を7つか8つの数字として覚えるのがやっとで、それ以上の長さの数字列を一度に覚えるのが難しいのと同じように、

ChatGPTも一度に処理できるテキストの長さには限界があります。

この限界を具体的に示すための実験が海外で行われました。

それは、「ウサギの名前」実験と呼ばれるもので、全く無意味な長い文章に何匹かのウサギを仕込み、ウサギに名前を与えました。

そして、ところどころで、「第1匹のウサギの名前は?」「第2匹のウサギの名前は?」と聞いてみるというものです。

このような方法で、ChatGPTが「記憶」できるテキストの限界が何文字かを測定しました。

したがって、ChatGPTを最大限に活用するためには、この「記憶の限界」を理解し、それを考慮に入れることが重要です。

ChatGPTの「記憶」を最大限に活用するためのポイントとコツ

では、ChatGPTには記憶の限界があることが分かったところで、

これを回避するために、

  • Promptの簡潔化のコツ
  • 無駄なロール設定はしない
  • 重要な情報は繰り返す
  • 会話をまとめてみよう
  • Promptの共通部分を復唱
  • PlugInとPDFの組み合わせ技
  • 次元削減による「記憶」の強化のためのEmbedding

を順次に解説していきたいと思います。

どうやってチャットを効率的に保つか?Promptの簡潔化のコツ

会話をより長く続けるためには、各発言を短く、簡潔に保つことが鍵となります。

なぜなら、ChatGPTは一度に処理できるトークンが制限されいるからです。これを超えると、以前の発言が次第に忘れられてしまいます。

では、具体的にどのようにPromptを簡潔に保つのか、具体的なコツを見ていきましょう。

自分の発言はできるだけシンプルに保つ

無駄な言葉は削除し、要点だけを伝えるように努めます。

例えば、「どんな天気が好きですか?」という質問は、「好きな天気は?」と短縮できます。

ChatGPTに対する要求も具体的で簡潔にすること

例えば、「今日の天気について詳細に教えてください。」という長い要求を、「今日の天気は?」と短くまとめることができます。

ChatGPTが発言をする際にも同様の簡潔化を促す

たとえば、「では、それについて詳しく説明してください。」と求めるのではなく、「詳しく説明して。」と短く要求することで、ChatGPTの発言を簡潔に保つことができます。

これらの簡潔化のコツを活用することで、ChatGPTの会話を効率的に保つことが可能になり、より長い会話を「記憶」させることができます。

無駄なロール設定はしない?その理由とは

ChatGPTのロール設定には一見有用性があるように思えますが、実際にはその「記憶」を阻害する可能性があるとされています。

これがどのように起こるかを以下で詳しく解説します。

ロール設定の主な目的は、AIの出力を特定の形状に制約することです。

たとえば、特定のキャラクターの視点からの回答を引き出したい場合、そのキャラクターの役割をAIに設定することで実現できます。

しかし、このようなロール設定による制約は一部のシナリオで有効である一方で、全ての状況において効果があるわけではありません。

これは、ロール設定がAIの出力を特定の方向に導く一つの手法であるといえますが、それが必ずしも出力の品質を向上させるわけではないからです。

特に、特定のキャラクターまたは役割の模倣が必要でないシナリオでは、ロール設定の効果はあまり期待できません。

その理由は、ChatGPTに特定のキャラクターや役割を設定しても、その設定はAIの出力にある程度の特性を付加するに過ぎず、

それが全体的な出力品質を一律に向上させるとは限らないからです。

さらに、ChatGPTはその応答を生成するために、限られた数の「トークン」(言葉やフレーズの一部)を使用します。

ロール設定の追加は、これらのトークンの一部を消費します。

したがって、不必要なロール設定は、AIが適切な応答を生成するために必要な有用な「記憶」を保存するトークンの利用を阻害する可能性があります。

詳しくは、「【検証済み】ChatGPTの役割設定は本当に意味がある?ロール設定の効果を発揮する利用シーンを公開」という記事を参照してください。

368

重要な情報は繰り返す:効果的な記憶させ方

ChatGPTが会話の記憶に制約がある一方で、重要な情報を再提示することで、その情報を効果的に「記憶」させることが可能です。

この方法は、ユーザーがChatGPTに対して何を覚えてほしいのか、何を重要視しているのかを明確に示すために役立ちます。

たとえば、あるプロジェクトに関する会話をChatGPTと進めていて、そのプロジェクトの重要な詳細(たとえば、締め切りや特定の要求など)をChatGPTに「記憶」させたい場合、それらの詳細を繰り返し話題にすることが推奨されます。

そのたびに、ChatGPTはそれらの情報を新たな入力として受け取り、その情報に対する返答を生成することで、それらの情報を効果的に「記憶」することができます。

これは、人間が学習する際にも効果的な方法です。

重要な情報を再度見る、読む、考えることで、私たちはそれらの情報をより効果的に記憶します。

同様に、ChatGPTにとっても、情報を何度も提示されることは、「記憶」において非常に効果的な方法であると言えます。

会話をまとめてみよう:ChatGPTに要約させるメリット

チャットの途中で定期的に会話をまとめる、あるいは要約を作成することも、ChatGPTによる記憶の効果を引き立てる戦略となります。

この方法は、ChatGPTが会話の全体像をより明確に捉えるのを助け、さらにはそれまでの議論を新たなコンテキストとして定着させます。

具体的な応用例として、プロジェクトに関する長期的な会話の途中で、「これまでに議論した主要なポイントをまとめてみてください」とChatGPTに頼むことが考えられます。ChatGPTが生成したこの要約は、その後の会話の入力に含め、新たな議論が過去の内容と連続性を持つようにするのです。

この方法は、チャットセッションが長くなった場合に特に有用で、重要な情報が「記憶」の制限によって失われるのを防ぐことができます。さらに、ChatGPTが要約を生成すること自体が、ユーザーがそれまでの議論を反省し、重要な部分を再確認する良い機会となります。

番外編:どのタイミングでまとめてもらったほうが良い?

ChatGPTに会話をまとめさせる最適なタイミングは、具体的には「ChatGPTが忘れかけている」と思われるタイミングです。

これは一般的に、長い会話が進行し、多くの新しい情報が追加されている場合や、ChatGPTの応答が話題とはずれている、または以前の議論のコンテキストを忘れているかのように見える場合に特に当てはまります。

具体的な応用方法として、ChatGPTがあるトピックを忘れ始めたと感じた場合、その直前のPrompt(Input)を修正することで会話のまとめを依頼することができます。

これにより、ChatGPTは以前の議論の要約を生成し、それを新たなコンテキストとして使用することができます。

たとえば、以下のようなシナリオを考えてみましょう。

  1. ユーザーはChatGPTに対して「Input1」を提供し、ChatGPTはそれに対して「Output1」を生成します。
  2. 次に、ユーザーは「Output1」に基づいて「Input2」を作成します。
  3. しかし、この時点でChatGPTの「Output2」が、前の会話の内容から外れていたり、話題がぶれていると感じた場合には、「Input1」を修正します。

この「Input1」の修正は、その場でChatGPTに対して「これまでの主要なポイントをまとめてください」と依頼するような形になるでしょう。

この依頼に応じてChatGPTが生成したまとめ(要約)は、その後の会話の新たなコンテキストとなり、過去の議論の連続性を保つ助けとなります。

Promptの共通部分を復唱:ChatGPTの記憶を活性化させる方法

長い文章の生成や特定の規定に従ったテキスト作成など、特定の目的を持った会話においては、Promptの共通部分を冒頭に繰り返すことが有効な戦略となることがあります。

例えば、一定のテーマに基づく長文の作成をChatGPTに依頼する場合、そのテーマや要旨、アウトライン、制約などを、新しいPromptの冒頭に毎回繰り返し記述するという方法があります。

これにより、ChatGPTはそれぞれの生成段階で、文章全体の目的や主題を再確認することができ、その結果、より一貫性のある結果を出力します。

具体的には、"この記事は、ChatGPTの記憶力とその最適化方法について解説しています。全体を通じて、読者がChatGPTの使用を最適化するための具体的なステップとアドバイスを得られるように、文章は構成されている"といった要旨やテーマを毎回冒頭に入れるといった形です。

この手法は、チャットの継続性を保ちつつ、トークンの制限を超えて「記憶」を伸ばす助けとなる可能性があります。

PlugInとPDFの組み合わせ技:PDFを介した「記憶」拡張

ChatGPTにおける「記憶」の枠組みを超えるための方法の一つとして、特定のプラグインとPDFの組み合わせが挙げられます。

この手法を用いると、ChatGPTに長期的な記憶を保持させ、PDFに記録された内容について質問することが可能になります。

具体的には、

まず、記憶させたい情報や文章をPDFに保存します。

次に、外部プラグインを用いて、このPDFの内容をChatGPTが参照できるように設定します。

これにより、ChatGPTにはその都度PDFの内容を参照し、それを「記憶」として利用する能力が与えられます。

この方法の大きなメリットは、ChatGPTがPDF内の内容について具体的な質問を受け付けることができる点です。

これは従来の「記憶」の枠組みを大きく超えたものであり、より柔軟かつ長期的な情報の管理を可能にします。

また、このPDFとプラグインの組み合わせは、会話の流れや質問の内容によっては、ChatGPTが瞬時にPDFの特定の部分を引用したり、その内容に基づく洞察を提供したりするのに役立ちます。

これにより、ChatGPTの利用者は大量の情報を効率的に管理し、それについての詳細な議論をChatGPTと行うことが可能になります。

Embedding:次元削減による「記憶」の強化

もう一つ、ChatGPTに「記憶」させる方法として、Embeddingという重要な概念が関与しています。

Embeddingとは、情報をより小さな次元に縮約する手法の一つであり、これによりChatGPTは大量の情報を効率的に処理し、「記憶」することが可能になります。

具体的には、ChatGPTは入力されたテキストを一連のベクトル(数値の配列)に変換します。

このベクトルは、元のテキストの情報を保持しながらも、より小さな次元に縮約されます。このプロセスを「埋め込み(Embedding)」と呼びます。

Embeddingのメリット:大量の情報を効率的に「記憶」

Embeddingの主な利点は、大量の情報を縮約して効率的に「記憶」できることです。

これにより、ChatGPTはユーザーからの複雑な入力や長文のテキストも、限られた次元内で「記憶」することができます。

Embeddingの応用:情報の関連性を活用

Embeddingは、情報の関連性を活用するのにも役立ちます。同じような意味を持つ単語やフレーズは、ベクトル空間上で互いに近くに位置するように埋め込まれます。

これにより、ChatGPTは関連する情報を効率的に「記憶」し、それらを活用してユーザーの質問に回答することができます。

Embeddingと「記憶」の関係:質疑応答の改善

Embeddingは、ChatGPTが「記憶」を最適化し、より具体的な質問に対応する能力を向上させるための重要な手段です。

具体的な例として、特定のトピックに関連する一連の問いに対するChatGPTの回答は、適切なEmbeddingを通じて、そのトピック全体にわたる知識を反映することができます。

Embeddingの制限:注意点と解決策

ただし、Embeddingにも制限があります。特に、大量の情報を小さな次元に縮約する過程で、一部の詳細な情報が失われる可能性があります。この問題を緩和するために、ChatGPTには重要な情報を繰り返し提示するなどの手法が推奨されます。

まとめ:ChatGPTの「記憶」を最大限に活用するための戦略とテクニック

いかがでしたか?

こ記事では、ChatGPTの「記憶」能力とその活用方法について詳細に解説しました。

具体的には以下の内容について触れました:

ChatGPTの「記憶」の仕組みとその限界。なぜChatGPTが特定の情報を忘れるのか、またそれがどのようにチャットの質に影響を及ぼすかについて説明しました。

  • ユーザーの発言を簡潔にすることで、ChatGPTが効率的に過去の会話を「記憶」し続ける方法。
  • ロール設定が「記憶」を阻害する可能性について、その理由と解決法。
  • 重要な情報を再度提示することで、ChatGPTに情報を効果的に「記憶」させる方法。
  • ChatGPTに定期的に会話をまとめさせることで、「記憶」をサポートする方法。
  • 特定の話題や情報を繰り返し提示することで、ChatGPTの「記憶」を活性化させる手法。
  • 外部プラグインを使用して、ChatGPTに保存したPDFの内容を参照させる方法。
  • Embeddingという概念を利用して、ChatGPTの「記憶」能力をより効果的に活用する手法。

これらの方法を理解し活用することで、ユーザーはChatGPTとの対話をより有意義で生産的なものにすることが可能となります。具体的なケースに応じてこれらの方法を組み合わせ、効果的利用すれば、ChatGPTを最大限に活用することができます。

ChatGPTの記憶に関するFAQ

ChatGPTはどの程度過去の情報を記憶できますか?

ChatGPTは、直近の数千までの情報を「記憶」できます。これを超えると古い情報が失われる可能性があります。

ロール設定は「記憶」を助けるものですか?

ロール設定は、特定のロールプレイやシナリオの設定に有効ですが、記憶の効率性を下げる可能性があるため、不必要に使用しないことをお勧めします。

ChatGPTの「記憶」を強化するためにどのような戦略を取るべきですか?

重要な情報の繰り返し提示、会話の定期的なまとめ作成、簡潔なプロンプトの利用などが効果的な戦略となります。

外部プラグインを利用すると、ChatGPTの「記憶」をどのように強化できますか?

外部プラグインを利用してPDF内容を参照させることで、ChatGPTの「記憶」を物理的に補完し、長文の会話を可能にします。

Embeddingとは何ですか? それはどのように「記憶」を強化しますか?

Embeddingは情報を低次元空間にマッピングする手法で、これを用いることで情報の要素をより効率的に「記憶」させることができます。

併せて読みたい!ChatGPTの記憶についての関連記事

この記事では、ChatGPTの特性と利用方法をより深く理解するためのリソースを紹介します。

ChatGPTを使うためには、プロンプトの作り方から始まり、学習方法、使用手順、そして最終的には記事作成の方法までを理解することが重要です。

これらの各段階において、以下の参考リソースが役立つでしょう。

まずは、ChatGPTと一体何なのかについて理解することから始めましょう。

初心者向けの解説記事である「ChatGPTとは?【初心者向け使い方】登録手順、ログイン方法、料金体系、日本語対応についての詳細な解説」では、ChatGPTの登録からログイン方法、基本的な使い方、日本語設定、料金体系まで、ChatGPTについての全体像を把握するための情報が詳しく提供されています。

369

ChatGPTを使い始めると、AIの返答を最適化するためにプロンプトの作り方が重要であることがすぐに分かるでしょう。それについては、「初心者でもできる!ChatGPTの力を引き出す正しいプロンプト(Prompt)の作り方とコツを解説」が参考になります。この記事では、プロンプトの作り方や活用方法、ルール設定、Few-Shot-Learningの使い方など、ChatGPTの出力を改善するためのヒントが多数紹介されています。

#

さらに進んで、ChatGPTの学習方法について知りたい場合は、「AI初心者必見!ChatGPTの学習方法:Fine-Tuning、Few-Shot Learning、Embeddingの基本を徹底解説」が必見です。この記事では、GPTモデルのFine-TuningやFew-Shot Learning、Embeddingなど、AIの学習方法について初心者向けに分かりやすく解説されています。

367

そして最終的に、ChatGPTを使用して実際に記事を作成したい場合は、「ChatGPTを使って記事を作成する方法と手順~コンテンツライティングをより効率的にするためのポイントとコツ」が非常に有用です。この記事では、ChatGPTを用いて効率的に記事を作成するための手順と方法がステップバイステップで詳しく解説されています。

365

これらのリソースを活用することで、ChatGPTの有効な利用方法を理解し、その機能を最大限に引き出すことが可能となるでしょう。

 

関連記事

RELATED ARTICLE
 
 

ピックアップ記事

PICK UP ARTICLE
 
https://chaako.net/forum/article?articleids=360

【2023年最新】人工知能が登場する映画14選~AIを描いたおすすめ作品まとめ



AIを描いた映画14作品を紹介。ブレードランナー2049、エクス・マキナ、her、アイ・ロボットなど、人気作から隠れた名作まで網羅。感動や驚きが詰まった作品をぜひチェック。
#AI
2023-11-27 15:23:18
1402
https://chaako.net/forum/article?articleids=381

ChatGPTを活用したSEOライティング:初心者でもできる読者と検索エンジンに好かれる記事の作り方とコツ



ChatGPTを使ったSEOライティングの基本から具体的な手法まで。読者と検索エンジンに好かれる記事の作り方、AI技術ChatGPTの活用法。上位表示獲得のポイントと効率化法を紹介
#SEO #ChatGPT #基礎知識 #収益化 #ChatGPTで稼ぐ #コンテンツ作成
2023-05-09 20:01:25
1275
https://chaako.net/forum/article?articleids=361

一般人がChatGPTで稼ぐ方法~AIで収益化(マネタイズ)する3の方法とコツを解説



ChatGPTを使った収益化方法を解説。プロンプトの販売、サービス革新、API活用による次世代サービス創出とChatGPTを使ってマネタイズするためのスキル。
#ChatGPTで稼ぐ #ChatGPT #OpenAI #Prompt #プロンプトエンジニアリング #API #チューニング #Few-Shot-Learing #収益化
2023-04-28 10:19:34
1447
https://chaako.net/forum/article?articleids=427

ChatGPTに会話を記憶させるには?記憶力の仕組みと容量から会話を忘れるときの対策とポイント・コツを徹底解説



ChatGPTの「記憶」能力を最大限に引き出すための戦略とテクニックについて解説。AIとの対話をより効果的にかつ効率的に行うためのガイドです。
#ChatGPT #OpenAI #Prompt #プロンプトエンジニアリング #AI #基礎知識 #学習 #役割設定
2023-06-20 20:09:40
1552
https://chaako.net/forum/article?articleids=367

AI初心者必見!ChatGPTの学習方法:Fine-Tuning、Few-Shot Learning、Embeddingの基本を徹底解説



GPTモデルの学習方法Fine-Tuning、Few-Shot Learning、Embeddingを初心者向けに分かりやすく解説。ChatGPTやAI活用に必要不可欠な情報を提供。
#ChatGPT #OpenAI #Prompt #プロンプトエンジニアリング #AI #基礎知識 #API #チューニング #Few-Shot-Learing #学習
2023-04-27 21:19:37
1674
Chaako.net AIをより身近に
©2019-2024 InfinityMatching All Right Reserved.