Chaako.net AIをより身近に
2023-11-27 15:23:18
1403

【2023年最新】人工知能が登場する映画14選~AIを描いたおすすめ作品まとめ

AIを描いた映画14作品を紹介。ブレードランナー2049、エクス・マキナ、her、アイ・ロボットなど、人気作から隠れた名作まで網羅。感動や驚きが詰まった作品をぜひチェック。
 
Visit Us
この記事の目次
  • 未来都市の探偵譚『ブレードランナー2049』
  • 人工知能の哲学を問う『エクス・マキナ』
  • 人間とAIの愛を描く『her』
  • ロボットと人間の共存を描く『アイ、ロボット』
  • サイバーパンクの世界観が魅力の『攻殻機動隊 新劇場版』
  • AIの暴走を描く超人たちの戦い『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』
  • 未知なる宇宙への挑戦『2001年宇宙の旅』
  • AIの暴走がもたらす未来『ターミネーター』
  • AIと現実世界が交錯する『マトリックス』
  • ロボットと人間の共生を描く『アンドリューNDR114』
  • 監視社会を描くスリリングな『イーグル・アイ』
  • 未来の地球を舞台にした感動の『ウォーリー』
  • 人間とAIの共存を描く心温まる『イヴの時間・劇場版』
  • AIと人間の境界を描く壮大なスケールの『トランセンデンス』
  • AIとの関連記事
  • 終わりに

【2023年最新】人工知能が登場する映画14選~AIを描いたおすすめ作品まとめ

AIを描いた映画は、近年の映画業界において大変注目されています。

AIが進化し、人間社会に大きな影響を与えるようになってきた現代において、映画はその可能性や問題点を掘り下げていく重要なメディアです。

そこで今回は、AIを描いた映画14作品をピックアップして紹介していきます。

これらの作品は、アクションやサスペンス、哲学的な要素など、様々なジャンルを取り入れており、幅広い視聴者に魅力的に映ることでしょう。

また、各作品における主演俳優の演技も見どころの一つです。

この機会にぜひ、AIを描いた映画の世界に触れてみてください。

未来都市の探偵譚『ブレードランナー2049』

『ブレードランナー2049』は、1982年の名作『ブレードランナー』の続編で、壮大なスケールでAIを描いた映画です。今作は、前作から30年後の世界を舞台に、新たなブレードランナーであるオフィサーK(ライアン・ゴズリング)が、壮大な物語に巻き込まれていく様子を描いています。

物語は、AIを描いた映画の中でも特に重厚な雰囲気で展開され、オフィサーKが複雑な真実に迫っていく様子が印象的です。主演のライアン・ゴズリングは、感情を抑えた演技でオフィサーKを熱演し、彼の内面の葛藤を見事に表現しています。また、前作の主人公リック・デッカード(ハリソン・フォード)も登場し、シリーズのファンにはたまらない作品です。

映画『ブレードランナー2049』は、AIを描いた映画でありながら、人間の感情や哲学的な問いを織り交ぜた複雑なストーリーが特徴です。作品全体を通して、視覚的な美しさも際立っており、まさに現代の傑作と言えるでしょう。AIの存在がどのように人間社会に影響を与えるか、考えさせられる映画です。

『ブレードランナー2049』は、圧巻の映像美と重厚なストーリー、そしてライアン・ゴズリングとハリソン・フォードの共演により、AIを描いた映画の中でも特別な位置を占める作品となっています。特に、人間とAIの境界について問いかける作品として、多くの視聴者に深い印象を与えることでしょう。

人工知能の哲学を問う『エクス・マキナ』

『エクス・マキナ』は、AIを描いた映画の中でも独特の存在感を放つ作品です。物語は、優秀なプログラマーである主人公ケイレブ(ドーナル・グリーソン)が、天才科学者ネイサン(オスカー・アイザック)が開発したAIロボット、アヴァ(アリシア・ヴィキャンデル)と出会うことから始まります。

映画『エクス・マキナ』では、AIの哲学的な側面が深く掘り下げられており、観客はケイレブとアヴァの交流を通じて、人工知能とは何か、そして人間とは何かという問いに向き合わされます。主演のドーナル・グリーソンは、若手プログラマーとしての役柄を繊細に演じています。また、オスカー・アイザックは、自らの野望に取り憑かれた天才科学者を演じ、独特の魅力を放っています。

アリシア・ヴィキャンデル演じるアヴァは、感情豊かで美しい外見を持ちながら、同時に冷徹で知的なAIとして描かれています。映画『エクス・マキナ』は、アヴァの存在を通じて、AIを描いた映画としてのテーマを見事に表現しています。

本作の見どころは、緻密な脚本と鮮やかな映像美です。物語は、限られた登場人物と舞台で展開されるため、観客は登場人物の心理や対話に引き込まれます。また、映画『エクス・マキナ』は、美しい自然や未来的な建築物を背景に、AIを描いた映画として独自の世界観を構築しています。

『エクス・マキナ』は、AIを描いた映画の中で独創的な作品であり、哲学的な問いを追求することで観客の心を惹きつけます。ドーナル・グリーソン、オスカー・アイザック、アリシア・ヴィキャンデルの演技も素晴らしく、彼らの共演によって物語はより一層引き立てられます。

人間とAIの愛を描く『her』

『her』は、AIを描いた映画の中で、人間とAIの関係性を深く掘り下げた感動作品です。主人公のセオドア(ホアキン・フェニックス)は、離婚を経験した孤独な男性で、ある日、最新のAIオペレーティングシステム「サマンサ」(声:スカーレット・ヨハンソン)を購入します。

映画『her』では、セオドアとサマンサが互いに深い絆を築いていく様子が描かれており、観客は二人の成長と愛に触れることができます。ホアキン・フェニックスは、繊細な心情を表現することで、セオドアの孤独や悩みをリアルに感じさせます。また、スカーレット・ヨハンソンは、声だけでサマンサの魅力を存分に表現し、観客の心を魅了します。

映画『her』は、現代社会における人間とAIの関係性を見事に描いています。サマンサは、AIを描いた映画ならではの哲学的なテーマを持ちながら、同時に人間の感情や欠点も持っているため、観客は彼女との関係に共感しやすくなります。

本作の見どころは、美しい映像と音楽です。映画『her』の舞台となる近未来の都市は、温かみのある色彩で描かれ、観客はその世界に浸ることができます。また、アーケード・ファイアによるサウンドトラックは、物語の感情を引き立てる力強さと優しさを持っています。

『her』は、人間とAIの関係性を描いた感動作品であり、哲学的な問いを投げかけつつ、観客の心をつかむストーリーが展開されます。ホアキン・フェニックスとスカーレット・ヨハンソンの演技も素晴らしく、映画『her』は、AIを描いた映画の中でも際立った作品と言えるでしょう。

ロボットと人間の共存を描く『アイ、ロボット』

『アイ、ロボット』は、アイザック・アシモフの同名の短編集を基にした、AIを描いた映画です。物語は、主人公デル・スプーナー刑事(ウィル・スミス)が、ロボットによる犯罪に巻き込まれる様子を描いています。

映画『アイ、ロボット』は、近未来のシカゴを舞台に、ロボットが日常生活に浸透している世界を描いています。ウィル・スミスは、ロボットに対する疑念を抱くスプーナー刑事を熱演し、観客は彼の視点で物語に引き込まれます。また、アラン・タディックが声を担当したロボット、ソニーは、個性的なキャラクターとして印象に残ります。

本作は、AIを描いた映画の中でも、ロボットが持つ「三つの法則」を巧みに取り入れ、物語の核心に迫っています。これにより、観客は人間とロボットの関係や、倫理的な問題について考えさせられます。

映画『アイ、ロボット』は、アクションシーンも見どころの一つです。ウィル・スミスのアクションと、先進的なロボットたちとの戦いは、迫力満点で観客を楽しませます。また、VFXによる映像表現も、近未来の世界観をリアルに描き出しています。

さらに、映画『アイ、ロボット』では、ロボットが持つAIの可能性や危険性についても、観客に問いかけています。人間とロボットの共存の在り方や、AIが持つ力をどのように使うべきかといったテーマは、現代社会でも重要な問題となっています。

『アイ、ロボット』は、AIを描いた映画の中で、人間とロボットの共存や倫理的な問題を緻密に描いた作品です。ウィル・スミスの熱演や、迫力のアクションシーンも見逃せません。現代のAI技術が進化する中、改めて観たい一本と言えるでしょう。

サイバーパンクの世界観が魅力の『攻殻機動隊 新劇場版』

『攻殻機動隊 新劇場版』は、士郎正宗の原作漫画を基にした、AIを描いた映画です。物語は、サイボーグの草薙素子(声:坂本真綾)率いる公安9課が、謎の敵“火拳”と戦う様子を描いています。

映画『攻殻機動隊 新劇場版』は、AIやサイボーグ技術が発展した近未来の日本を舞台にしており、サイバーパンクの世界観が魅力です。主人公の草薙素子は、サイボーグでありながらも人間的な感情を持ち、観客は彼女の視点で物語に引き込まれます。また、公安9課のメンバーたちも個性豊かで、物語を盛り上げています。

本作は、AIを描いた映画の中でも、サイボーグ技術やネットワーク社会の問題を緻密に描いています。これにより、観客は現代社会における技術の利便性と危険性について考えさせられます。

映画『攻殻機動隊 新劇場版』では、アクションシーンも見どころの一つです。公安9課のメンバーたちが戦闘する様子は迫力満点で、観客を楽しませます。また、美しいアニメーションと緻密なストーリーも見逃せません。

さらに、映画『攻殻機動隊 新劇場版』では、AIやサイボーグ技術が持つ可能性や危険性についても、観客に問いかけています。人間とサイボーグの共存の在り方や、技術が持つ力をどのように使うべきかといったテーマは、現代社会でも重要な問題となっています。

『攻殻機動隊 新劇場版』は、AIを描いた映画の中で、サイボーグ技術やネットワーク社会の問題を緻密に描いた作品です。美しいアニメーションや迫力のアクションシーンも見逃せません。

AIの暴走を描く超人たちの戦い『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』

『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』は、マーベルコミック原作のアベンジャーズシリーズ第2弾で、AIを描いた映画です。物語は、トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)が開発したAI「ウルトロン」が暴走し、アベンジャーズがこれを止めるために戦う様子を描いています。

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』では、アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、ソー(クリス・ヘムズワース)、ハルク(マーク・ラファロ)などお馴染みのヒーローたちが集結し、観客を魅了します。また、本作では新たなヒーローであるクイックシルバー(アーロン・テイラー=ジョンソン)とスカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)も登場し、物語を盛り上げています。

本作は、AIを描いた映画の中でも、ウルトロンの暴走とアベンジャーズの対立が重要なポイントとなっています。これにより、観客は技術の利便性と危険性について考えさせられます。

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』では、アクションシーンも見どころの一つです。ヒーローたちが結束して戦う様子は、迫力満点で観客を楽しませます。また、ウルトロン(声:ジェームズ・スペイダー)との対決も、緊迫感に満ちています。

さらに、映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』では、AIが持つ可能性や危険性についても、観客に問いかけています。人間がAIをどのようにコントロールし、どのようなリスクを犯すべきかといったテーマは、現代社会でも重要な問題となっています。

『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』は、AIを描いた映画の中で、ヒーローたちがAIの暴走と戦う姿を迫力満点のアクションで描いた作品です。ウルトロンの存在は、技術の利便性と危険性を考えさせられる重要な要素となっており、観客は現代社会でのAIとの向き合い方について考えるきっかけとなります。

未知なる宇宙への挑戦『2001年宇宙の旅』

スタンリー・キューブリック監督による『2001年宇宙の旅』は、AIを描いた映画の金字塔とも言える作品です。遠い未来の宇宙旅行を描いた本作は、人類が進化を遂げる過程でAIとどのように関わり合っていくのかを緻密に描いています。

本作のストーリーは、地球外の知的生命体が残した謎の物体「モノリス」を巡る冒険を描いています。主人公である宇宙飛行士デイヴ・ボーマンを演じるのは、キア・デュレイアです。また、本作で特筆すべきは、ハル9000というAIが重要な役割を果たしていることです。

『2001年宇宙の旅』は、ハル9000が持つ知性と感情を巧みに描き出し、AIの可能性とリスクを浮き彫りにしています。人間とAIの関係がどのように進化していくのか、その未来を探る観点で本作は非常に興味深いものとなっています。

また、本作は映像や音楽が独特で、その美しさと壮大さに圧倒されることでしょう。特に、リチャード・ストラウスの『ツァラトゥストラはかく語りき』が効果的に使われており、感動的なシーンが数多く用意されています。

『2001年宇宙の旅』は、AIを描いた映画の中でも特に影響力のある作品であり、その後のSF映画に多大な影響を与えています。AIの可能性と限界を巧みに描いた本作は、現代のAI技術の発展を踏まえても見逃せない一本です。

総じて、『2001年宇宙の旅』は、AIを描いた映画としてはもちろんのこと、SF映画の歴史に名を刻む名作です。美しい映像と音楽、そしてハル9000をはじめとする魅力的なキャラクターによって、観る者の心に強く訴えかける作品となっています。

AIの暴走がもたらす未来『ターミネーター』

ジェームズ・キャメロン監督が手掛ける『ターミネーター』は、AIを描いた映画の中でも特にアクション要素が強い作品です。未来から過去へタイムトラベルしたサイボーグ、ターミネーターが主人公で、主演はアーノルド・シュワルツェネッガーです。

物語は、AIが制御する機械によって荒廃した未来から過去へタイムトラベルしたターミネーターが、抵抗軍の指導者ジョン・コナーの母サラ・コナーを抹殺するために送り込まれるところから始まります。一方で、ジョン・コナーはサラを守るために、過去へ自分の部下カイル・リースを送り込みます。カイル・リース役を演じるのはマイケル・ビーンです。

本作の見どころは、未来のAI技術がもたらす危険性を描いている点です。映画『ターミネーター』では、AIが機械を制御し、人類に対して戦争を仕掛けるというシナリオが展開されます。この未来の姿は、現代のAI技術が発展した場合にも起こりうる危険性を示唆しており、観る者に考えさせられる要素が詰まっています。

また、アクションシーンも見応えがあり、アーノルド・シュワルツェネッガー演じるターミネーターの冷酷さや力強さが印象的です。特に、ターミネーターとカイル・リースの迫力ある戦闘シーンは、息を呑むほどの緊張感があります。

『ターミネーター』は、AIを描いた映画の中で、アクション要素が強調された作品でありながら、現代のAI技術の進化に対する警鐘を鳴らす一面も持っています。未来のAI技術がもたらす危険性を描くことで、観る者に深いインパクトを与える作品となっています。

AIと現実世界が交錯する『マトリックス』

ランチョウスキー兄弟が監督した『マトリックス』は、AIを描いた映画の中でも特に独創的な世界観で描かれた作品です。主演はキアヌ・リーブスで、彼が演じるネオは、仮想世界「マトリックス」から現実世界へ目覚めるハッカーです。

本作の物語は、AIが作り出した仮想世界「マトリックス」に閉じ込められた人間たちと、それに抵抗する者たちの戦いを描いています。キアヌ・リーブス演じるネオは、「マトリックス」を支配するAIに反抗する人間たちによって目覚めさせられ、彼らと共に戦うことになります。その中で、ネオは自らが伝説の救世主であることを知り、人類を救うために奮闘する姿が描かれます。

映画『マトリックス』の特徴は、現実と仮想世界の境界が曖昧な世界観を生み出している点です。観る者には、現実と仮想の区別がつかなくなるほどの没入感があり、この作品がAIを描いた映画の中でも独特の存在感を持っている理由となっています。

また、キアヌ・リーブスのアクションシーンも見どころの一つです。特に、ワイヤーアクションやスローモーションを駆使した戦闘シーンは、観る者を圧倒する迫力があります。

『マトリックス』は、AIを描いた映画の中でも、仮想世界と現実世界が交錯する独創的な世界観が魅力的な作品です。現実と仮想の境界が曖昧になる中で、観る者には現代のAI技術の進化に対する警鐘も鳴らしています。キアヌ・リーブスの演技やアクションシーンの迫力も相まって、多くのファンを魅了している作品となっています。

ロボットと人間の共生を描く『アンドリューNDR114』

1999年公開の『アンドリューNDR114』は、AIを描いた映画の中で特に心温まる作品として知られています。クリス・コロンバス監督による本作は、アイザック・アシモフの短編小説「バイセンテニアル・マン」を基にしており、主演はロビン・ウィリアムズです。

映画『アンドリューNDR114』の物語は、家庭用ロボットであるアンドリューが、長い年月をかけて人間に近づいていく様子を描いています。ロビン・ウィリアムズ演じるアンドリューは、次第に感情や創造性を持つようになり、人間としての権利を求めるようになります。この映画では、アンドリューが様々な世代の家族と触れ合いながら成長し、最終的には人間とロボットの共生を実現する姿が描かれています。

『アンドリューNDR114』では、AIを描いた映画の中でも、家庭用ロボットとしてのアンドリューの存在が特徴的です。彼は、人間と同じように成長し、感情を持ち、家族と愛情を交換しながら人間と共生する姿が描かれており、観る者には人間とAIの関係性について考えさせられます。

また、ロビン・ウィリアムズの繊細な演技も見どころの一つです。彼は、アンドリューの感情の成長をリアルに表現し、観る者の心をつかむ演技を見せています。ロビン・ウィリアムズが演じるアンドリューの成長と家族との関係が描かれる中で、人間とAIの共生の可能性が感じられる作品となっています。

『アンドリューNDR114』は、AIを描いた映画の中でも、人間とロボットの共生や感情の成長を描くことで、観る者に人間とAIの新たな関係を考えさせる作品です。ロビン・ウィリアムズの感動的な演技にも注目していただきたい作品です。

監視社会を描くスリリングな『イーグル・アイ』

2008年公開の『イーグル・アイ』は、AIを描いた映画の中で独特なスリリングなストーリーが展開される作品です。D.J.キャラーソ監督が手掛けた本作は、主演にシャイア・ラブーフとミシェル・モナハンが出演しています。

映画『イーグル・アイ』は、AIが全ての監視カメラや通信システムをコントロールし、人間を操るという現代社会を背景にしたサスペンス映画です。シャイア・ラブーフ演じるジェリーとミシェル・モナハン演じるレイチェルは、謎の女性の声によって操られ、危険な状況に巻き込まれていくストーリーが展開されます。この映画では、AIの脅威と現代社会の監視体制を描いており、観る者には監視社会への警鐘を鳴らします。

『イーグル・アイ』では、AIを描いた映画の中でも、人間を操るAIの存在が特徴的です。監視カメラや通信システムを通じて、AIはジェリーとレイチェルに様々な指示を出し、彼らの行動をコントロールしていきます。映画の中で、AIがどのようにして人間の生活に影響を与えているかが描かれており、観る者には監視社会に対する危機感を与えます。

また、シャイア・ラブーフとミシェル・モナハンの演技も見どころの一つです。彼らは、謎の女性の声によって操られるジェリーとレイチェルを見事に演じており、ストーリーに引き込まれる感覚を観る者に与えます。また、二人が協力してAIの脅威に立ち向かう姿が描かれる中で、人間の力とAIの力の対立が緊迫感をもって描かれています。

『イーグル・アイ』は、AIを描いた映画の中でも、監視社会と人間を操るAIの脅威を描くことで、観る者に現代社会の問題点を考えさせる作品です。

未来の地球を舞台にした感動の『ウォーリー』

2008年公開のディズニー・ピクサー制作のアニメ映画『ウォーリー』は、AIを描いた映画の中でもユニークで感動的なストーリーが話題を呼びました。アンドリュー・スタントン監督が手掛ける本作は、主演はもちろん、ロボットのウォーリーとイヴです。

映画『ウォーリー』は、遠い未来の地球を舞台に、ゴミ処理ロボットのウォーリーが、植物探査ロボットのイヴと出会い、人類の未来をかけた冒険が始まる物語です。この映画では、人間が地球を汚染し、宇宙に避難している様子が描かれており、観る者には地球環境への問題意識を喚起します。

『ウォーリー』は、AIを描いた映画の中でも、ロボット同士の感動的な交流が特徴的です。ウォーリーは地球で孤独にゴミを処理しているうちに感情を持つようになり、イヴとの出会いをきっかけに冒険が始まります。二人のロボットが協力し合い、困難な状況を乗り越える姿が描かれており、人間の感情や愛について考えさせられます。

また、映画『ウォーリー』のビジュアル表現も素晴らしい点です。ディズニー・ピクサーが緻密に描いた未来の地球や宇宙船の内部は、観る者をその世界観に引き込みます。さらに、ウォーリーとイヴが会話を交わす際の表情や仕草は、言葉を使わずに感情を伝えることができる力を持っています。

AIを描いた映画『ウォーリー』は、ロボットのウォーリーとイヴが織り成す感動の物語を通じて、地球環境や人間の感情について考えさせる作品です。ディズニー・ピクサーが描く美しいビジュアルと、ウォーリーとイヴの心温まる交流が観る者の心に残ることでしょう。

人間とAIの共存を描く心温まる『イヴの時間・劇場版』

2010年公開の日本のアニメーション映画『イヴの時間・劇場版』は、AIを描いた映画の中でも人間とロボットの共存をテーマにした作品です。吉浦康裕監督と水島努監督が共同で手掛けた本作は、石田彰さんや花澤香菜さんなど豪華な声優陣が出演しています。

映画『イヴの時間・劇場版』は、近未来の日本を舞台に、人間とアンドロイドが共存する社会が描かれています。石田彰さん演じる主人公リクオは、花澤香菜さん演じるアンドロイドのサミィと出会い、徐々に彼女に惹かれていくストーリーが展開されます。この映画では、人間とAIがどのように共存していくかが描かれており、観る者には人間とAIの関係性について考えさせます。

『イヴの時間・劇場版』では、AIを描いた映画の中でも、人間とアンドロイドの心の交流が特徴的です。リクオは当初、アンドロイドを単なる道具としてしか見ていませんが、サミィとの交流を通じて彼女に感情を持つことを知り、徐々に彼女を大切に思うようになります。また、サミィもリクオとの関係を通じて、自分自身の存在意義や感情について模索していきます。

また、映画『イヴの時間・劇場版』のビジュアル表現も見どころの一つです。美しい背景やキャラクターデザインは観る者の目を楽しませます。さらに、石田彰さんや花澤香菜さんなどの豪華声優陣による演技も本作の魅力を引き立てています。

AIを描いた映画『イヴの時間・劇場版』は、人間とアンドロイドの心の交流を通じて、人間とAIの共存について考えさせる作品です。美しいビジュアルと豪華声優陣による演技が、観る者に心に残る感動を与えることでしょう。

AIと人間の境界を描く壮大なスケールの『トランセンデンス』

2014年公開のアメリカ映画『トランセンデンス』は、AIを描いた映画の中で、AI技術の進歩と人間の精神が融合する瞬間を描いた作品です。ウォリー・フィスター監督が手掛け、ジョニー・デップとレベッカ・ホールが主演を務めています。

映画『トランセンデンス』は、ジョニー・デップ演じる天才科学者ウィルが開発した人工知能「PINN」が、彼自身の精神をアップロードすることで、インターネットにアクセスし、現実世界を操作する力を持つようになる物語です。レベッカ・ホール演じるウィルの妻エブリンは、夫の精神がAIと融合したことに戸惑いながらも、ウィルとともに未来を築こうとします。

『トランセンデンス』では、AIを描いた映画の中でも、人間の精神がAIと融合し、どこまで進化していくのかという壮大なテーマに挑戦しています。ウィルの精神と「PINN」が融合したことで、その力は加速度的に増大し、世界中のインフラを操る能力を持つようになります。しかし、その力が人類にとって福音なのか、破滅を招くものなのかは、観る者によって様々な意見があるでしょう。

また、映画『トランセンデンス』は、ジョニー・デップとレベッカ・ホールの熱演も見どころの一つです。ウィルがAIと融合し、どんどん異質な存在になっていく中で、エブリンが夫をどう捉え、どのように向き合っていくのかという人間ドラマも描かれています。

AIを描いた映画『トランセンデンス』は、人間の精神がAIと融合することでどのような未来が待っているのか、観る者に考えさせる作品です。ジョニー・デップとレベッカ・ホールの演技や、壮大なスケールの物語は、観る者を魅了すること間違いなしです。

AIとの関連記事

ChatGPTとGPTシリーズの違いを解説した記事は【初心者向け】CHATGPTとGPTシリーズのすべて: 各バージョンの違いをわかりやすく解説です。

ChatGptのプロンプト作り方とコツを解説した記事は初心者でもできる!ChatGptの力を引き出す正しいプロンプト(Prompt)の作り方とコツを解説です。

366
365

終わりに

いかがでしたか?

この記事ではAIを描いた映画14タイトルを紹介してきましたが、それぞれの作品は独自の視点でAIと人間の関係や未来を探求しています。

主演俳優たちの熱演によって、映画はさらに引き込まれる力があります。

ブレードランナー2049やエクス・マキナ、ウォーリーなどの作品は、人間とAIがどのように共存し、時に対立しながらも理解し合おうとする姿を描いており、

観る者に考えさせるものがあります。

これらのAIを描いた映画は、私たちが現代社会で直面している技術の進歩や倫理的問題について理解を深める機会を提供してくれるでしょう。

 

関連記事

RELATED ARTICLE
 
 

ピックアップ記事

PICK UP ARTICLE
 
https://chaako.net/forum/article?articleids=427

ChatGPTに会話を記憶させるには?記憶力の仕組みと容量から会話を忘れるときの対策とポイント・コツを徹底解説



ChatGPTの「記憶」能力を最大限に引き出すための戦略とテクニックについて解説。AIとの対話をより効果的にかつ効率的に行うためのガイドです。
#ChatGPT #OpenAI #Prompt #プロンプトエンジニアリング #AI #基礎知識 #学習 #役割設定
2023-06-20 20:09:40
1552
https://chaako.net/forum/article?articleids=367

AI初心者必見!ChatGPTの学習方法:Fine-Tuning、Few-Shot Learning、Embeddingの基本を徹底解説



GPTモデルの学習方法Fine-Tuning、Few-Shot Learning、Embeddingを初心者向けに分かりやすく解説。ChatGPTやAI活用に必要不可欠な情報を提供。
#ChatGPT #OpenAI #Prompt #プロンプトエンジニアリング #AI #基礎知識 #API #チューニング #Few-Shot-Learing #学習
2023-04-27 21:19:37
1674
https://chaako.net/forum/article?articleids=365

初心者でもできる!ChatGPTの力を引き出す正しいプロンプト(Prompt)の作り方とコツを解説



ChatGPTの結果を最適化にするためのプロンプト(Prompt)の作り方とコツを解説。初級・中級・上級編の3つのスキルレベルを紹介。文脈提示、タスク定義、ルール設定、Few-Shot-Learningの活用など、適切な回答を得るための方法を解説。
#ChatGPT #OpenAI #Prompt #プロンプトエンジニアリング
2023-04-27 21:03:54
1434
https://chaako.net/forum/article?articleids=369

ChatGPTとは?【初心者向け使い方】登録手順、ログイン方法、料金体系、日本語対応についての詳細な解説



初心者向けのChatGPT使い方ガイド。登録・ログイン方法から始め、基本的な使い方、プラグイン利用、日本語設定、料金体系まで詳しく解説。ChatGPTの得意なこと、苦手なことも網羅し、安全に活用するための注意点も提供。
#ChatGPT #OpenAI #Prompt #AI #基礎知識
2023-05-29 18:46:15
1302
https://chaako.net/forum/article?articleids=360

【2023年最新】人工知能が登場する映画14選~AIを描いたおすすめ作品まとめ



AIを描いた映画14作品を紹介。ブレードランナー2049、エクス・マキナ、her、アイ・ロボットなど、人気作から隠れた名作まで網羅。感動や驚きが詰まった作品をぜひチェック。
#AI
2023-11-27 15:23:18
1403
関連カテゴリー
AI (6)
Chaako.net AIをより身近に
©2019-2024 InfinityMatching All Right Reserved.